思い深いレコード

  • 2014/01/02 00:02
  • Category: BLUES
DSC03666.jpg
HERWIN 92036 CHARLEY PETERS(PATTON) - "Load, I', Discouraged"

いつ聴いても”フー”と感嘆のため息しかでない。
Pattonのレコードは、いつも特別だ。特にこの盤は。

このレコード、実は、3.11の直前に友人から譲ってもらう約束ができていたが、震災発生により、一旦、見送らざるを得なかった。

関東にお住まいの方なら実感を持って聞いていただけると思うが、水道からの水も放射能に汚染されている、スーパーには、食べ物も水もない。そして、地震は続いた。

小さい子を持つ仲の良い社友の家の周りは、液状化して信じられないことになっていた。そして、彼は、会社に嘘をついて、西方面に避難した。それは、正しい行動だったと思う。
ボクの場合は、家人がちょうど関西の実家に帰省していた時だったので、そのまま、こちらには1ヶ月以上戻ってこさせなかった。その時、皆、それぞれの価値判断により、ある意味「決断」を迫られた時期だった。
勿論、東北にお住まいに方に比べれば、ボク達の大変は、屁みたいなものであることは、言うまでもない。

そんな時期に、レコードなんて買ってる場合か?という思いが当然よぎった。
そして、友人に、「残念だが、こんなことになった以上、Pattonは、諦める」とメールを出した。彼は、ボクの置かれている立場、思いを全て理解してくれており、分かったとの返信を受け取った。そして、「今後、生活が落ち着いて、レコードでも聴ける状態になり、もし、その時点でPattonが欲しくなったら連絡してくれ。オレは、その時まで、このレコードをおまえのために持っておく。このレコードは、オークション等で手放したくない。」との文章が添えられていた。

そして、約半年の月日が流れた。
決して、生活が落ち着いた訳ではなかった。他人から見れば馬鹿かと思われるが、この辺りの78を聴くことは、ボクの人生の中で、一定レベルの価値観を持つもので、決して無視できないものだ。
夏も終わりかけていた暑い日に、このレコードがボクの手許に到着した。

譲ってくれた友人にとっても、このレコードには思い入れがある。
彼が若い頃、Eメールなんていう便利な連絡手段がない頃の話である。彼は、ブルースの虜になっていた。そして、ブルース78sの最初期のコレクターの一人(仮にAという。1920sのブルースが好きな人間であれば知っている名前であるが、ここで言う必要もないので記載しない。)に手紙を出し、何とかコンタクトをとれる関係を構築し、そのコレクターが亡くなるまで、その関係は続いた。その関係の中で、某コレクターの個人的コレクションの1枚として友人が入手して持っていたものである。友人は、そのAという人物からホントに良くしてもらったようである。彼と話していると、ことあるごとに、Aの名前が出てくる。「自分がAから受けたことと同じように、友人には接したいと思う。」と....

そして、現在は、そのレコードがボクの手許にある。
このレコードをターンテーブルに乗せるたびに、ボクは、その友人のことを考える。彼との関係も随分長くなったが、ボクの大切な友人でもあり、78sコレクトの先生でもある。有り難いことだ。

何のコレクターの世界でもそうだと思うが、物欲のぶつかり合いでえげつないことはしばしば起こる。また、誰が何々を$$で手に入れた、安すぎないか?とか、某人が途方も無い$$でビットしやがって、チッとかね、実生活からみれば下らないことが多い、実際。
だから、綺麗事を言うつもりは決してない。しかし、それだけでもない。








PAPA'S GETTIN' HOT

  • 2013/12/31 13:28
  • Category: BLUES
DSC03661.jpg
CHAMPION 16015 BILL AND SLIM "Papa's Getting' Hot" REC. in Richmond, May 2 1930
Big Bill, v, g/ Frank Brasswell g, v

当曲は、Big Bill BroonzyとFrank Brasswellのディオで、Championのこの盤が初出。
裏面は、Big Bill Broozyの"Skoodle Do Do"で、Gennett7210が初出。まあ、発売時期もそんな異ならないし、この辺りは、オリジナル、セカンドとか関係ないのよ、実際。

コンデションは今一つであるが、2人の掛け合いを、とても楽しく聴くことができる。

Big Bill Broonzyは長きに渡り、活躍したブルーズ・マンの一人であるが、ご多分に漏れず、初期の録音のほうが断然良い。


Heifer Dust

  • 2013/12/23 02:07
  • Category: BLUES
DSC03611.jpg
RECORDED in CHICAGO, c FEB,1929

"Heifer Sust"とは、"戯言”という意味らしい。
Will Ezell って。柔らかい音の心地よいピアノを弾くブスース・マンだ。

See That My Grave Is Kept Clean

  • 2013/12/15 02:33
  • Category: BLUES
BLJ.jpg
PARAMOUNT 12608 BLIND LEMON JEFFERSON "See That My Grave Is kept Clean"
Rec. in Chicago, Feb. 1928

Blind Blakeと並び、Paramountの稼ぎ頭Blind Lemon Jefferson。
昔は、僕にとって、あまり評価の高いブルーズマンではなかった。多くの彼のレコードに見られる手癖が鼻につくというか、何と云うか....。
しかし、何故か、最近は結構好んで聴いている、尤も、特定のタイトルに限られるが。
この曲のギター・プレイなんて、なかなかのものである。聞いていて気持ちよい演奏。

どうでも良いが、この曲の音質はまずますだが、A-sideの" 'Lectric Chair Blues"は非常にプアな音質。
今まで3枚ほど手にいたことがあるが、全てに共通している。


Convincing Humming and Moaning

  • 2013/12/08 18:13
  • Category: BLUES
DSC03566.jpg
COLUMBIA 14303-D BLIND WILLIE JOHNSON "Dark Was The Night, Cold Was The Ground"
Rec. in Dallas, Dec.3, 1927

1927年12月に実施されたColumbiaのダラス出張録音の1つ。
この際、Washington Phillips, Coley Jones, William McCoy等も録音されている。

さて、Blind Willie Johnsonの当曲、"Dark Was The Night, Cold Was The Ground"は、彼のギターと静かなるモーニング、ハミングで構成されている。歌詞はない。
しかし、何と説得力のある内容であろうか。

Pagination

Utility