テレビを買った

DSC03532.jpg

今日は、仕事が休み。
朝から近くのアウトレットに行って、テレビを買って来た。

今までどうしていたのかって?
ウチは集合住宅なので、デジアナ変換とかいうヤツのお陰で、従前のアナログ・テレビで普通に見ることができていた。
僕も家人も、テレビをほとんど見ない生活なので特段の不便はなかったのであるが、そろそろかな〜と思い、購入に至った。

台車持参で行ったけど、しかし、重かったで。
汗びっしょりですわ。
風呂でも入って、ビール飲も。

Long Way From Home

  • 2013/10/14 00:01
  • Category: BLUES
Scan.png


Cannon's Jug Stompersは、ご存知のとおり、Memphis Jug Bandと同様、1920年代に活躍したJug Bandの代表格である。Loah Lewisのルーラルなハーモニカを加えたメンバーにて、1928年1月から1930年までの間、20曲以上を残している。

DSC03530.png

それらのVictor録音の約3ヶ月前に、Gus Cannonは、"Banjo Joe"の名前で6曲をParamountに録音している。
この6曲がJug Stompersに勝らずとも劣らないものだ。
いずれも愛すべき曲ばかりであるが、特に好きなのが、この"Poor Boy, Long Way From Home"。

どのジャンルでもあることだが、明確な理由は良く分からないものの、自分にグッとくるというか、はまる曲が存在するが、この曲も、そんな感じだ。

冒頭のGus Cannonのバンジ-の一音を聴いたところで、既にノックアウトされるが、それに続くGus Cannonの素朴だけど、魅力的な歌い口にまいってしまう。また、Blind Blakeの的確なバッキングも好ましい。
ちなみに、Paramount録音6曲のうち5曲にBlind Blakeが参加している。

どこかでR.Crumbが言っていたと記憶しているが、このレコード、何故か、綺麗なものがないようだ。
まあ、聴くことはでききるし、当面はこの盤で良しとしようか。


PARAMOUNT 12571 BANJO JOE - "POOR BOY, LONG WAY FROM HOME"
Recorded in Chicago
Gus Cannon, bj, v/ Blind Blake, g






Pagination

Utility