SLUEFOOT JOE

  • 2013/10/13 00:24
  • Category: BLUES
DSC03520.png

"Sluefoot Joe"
ん、それ誰やねん?はい、アラバマのブルーズマンEd Bellである、恐らく。
「恐らく」云うのは、口頭証拠のみだからである。

Ed Bellのレコードは、全て入手困難である。
従って、「コンデションが良くない」という理由でパスしていると、いつまで経っても手に入れることは難しい。そして、当盤も、コンデションは良くない、いや、悪い。
でも、手放しはしない、コンデションの良い同盤を入手するまでは。

Ed Bellの録音だが、最初は、1927年9月の"Mamlish Blues"を含むParamount4曲。
そして、QRS8曲。その後1930年まではColumbia録音となる。

さて、この"She's A Fool"。
"Mamlish Blues"には若干出来が劣る感もあるが、QRS盤というところが、コレクター心をくすぐる。
QRSはピアノ・ロールで有名であるが、一時、1928年後半から1929年半ばまでの1年足らずの間のみ、レース・レコードを作っていた。 
僅か100枚足らずのタイトルであるが、戦前のブルーズ、ジャズのコレクターにとっては喉から手が出るほど欲しいものばかりである。


QRS R7080 SLUEFOOT JOE - "SHE'S A FOOL"
Recorded in Long Island City, June 1929
Ed Bell,v,g




Pagination

Trackback

Trackback URL

http://izaakk.blog.fc2.com/tb.php/13-faa1bff1

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility