No Dough Blues

  • 2013/10/19 22:15
  • Category: BLUES
Scan 60       DSC03539.png


毎年恒例のブルーズ・カレンダーの2014年度版が、間もなくウチにも到着する頃だ。
今回の目玉は、ようやく発見されたParamount13115である。これにて、Blind Blakeの発売された全ての音楽を我々は聴くことができる。

ご存知のとおり、Paramountの後期のものは入手が非常に難しい。そして、Charlie Pattionはじめ、いいタイトルが沢山ある。残念なことに、ぼくが、その多くを入手することは現実的に不可能だと思う。

78rpmを集め始めた頃、幸運にも、某国のマイスターと知り合いになることができた。何故か判らないが、日本に住む若者に非常に良くしてくれた。
「どのレコードを持つべきか」、「このレコードの何が優れているのか」、「このレコードはいくら程の価値があるか」、「このレコードが欲しければ誰々とコンタクトをとれ」等々、いろいろと教わった。
そして、「海千山千のコレクターとどのように交渉すべきか」についても実例を含めて教えてもらった。これは未だもって、ボクの78rpmのコレクトに非常に役立っている。
しかしかながら、「全てを手に入れようと思うな」という彼の言葉もあった。この言葉は非常に重い、と思う。
そう、日々の暮らしがあって、はじめて、78rpmのコレクトなのである。当たり前といやあ当たり前の話であるが、ついつい行き過ぎてしまう自分を戒めている。

さて、話を戻すと、現在、Blind Blakeの発見された曲を聴けることを待ち構えているのである、手持ちのBlakeのレコードを聴きながら。ここ3週間くらいの間、少しずつ聴いている。

Blind Blakeのレコードは、Blind Lemon Jeffersonのレコードと同様に、よく売れたブツである。従って、一部のタイトルを除き、入手自体が困難という訳ではない。困難なことは、コンデションの良い盤で集めることである。これは非常に難しい。これは、継続的な情熱なくしては達成できない。あと、運も必要。ふところ具合も考えないとね。

ふところが寂しいボクに、No Dough Blues!

PARAMOUNT12723 BLIND BLAKE - "NO DOUGH BLUES"
Recorded in Chicago, May 1928









Pagination

Trackback

Trackback URL

http://izaakk.blog.fc2.com/tb.php/17-f7db93ac

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility